女性用オイルマッサージ、女性用性感マッサージをお楽しみいただくレディースコースご利用のお客様からお聞きしたお話です。
こちらのお客様は女性用性感マッサージのご利用はポームが初めてで、リピートしていただいた後「他のサービスはどんな感じなんだろう」と思って他のサービスをご利用になったそうです。

セラピストは50代後半位。
お客様がシャワーをお使いになったあと、セラピストもシャワーを浴びに行って、戻ってきた時何故かノーパンだったそうです。

お客様:「なんで全裸なんですか?ガウンでいいから何か着てください」
セラピ:「えっ?いいんですか?」
お客様:「いいも何も、早く何かを着て」

そんな会話があり、その後もちょっとした行為の要請もあったそうです。

・最初にポームを利用していなかったら「そういうものなんだ」と思っていたかもしれない
・サイトの表現は過激でもなかったので安心していたのに残念
・時間が経つのが遅く感じ、途中でポームへのネタ提供にしよう

と思ったそうです。

そのお客様はポームのブログのパンイチシリーズもお読みになっていたのですが、「パンゼロが来るとは思わなかった」と笑ってらっしゃいました。
ブログ パンイチシリーズ:
パンイチ率
パンツ一丁

そして、「私だったからよかったんですよ」ともおっしゃっていました。
そう、そのお客様はしっかり「No!」と言える方だったからよかったんです。これが「No!」と言えない方だったらその後の「行為の要請」も違ったものになった可能性が高いですね。

あ、ちなみにポームはKCと呼ばれる半袖の白衣(色はネイビーブルーですけど)と黒いズボンをちゃんと着用しております。

ポームのトップページ

カップル・女性用性感マッサージご利用のお客様よりいただいたメッセージ:いただいたお言葉

女性用性感マッサージを通して感じたあれこれ:つぶやき

ポームの男性セラピストの雰囲気を掴むのに役立つかも:雑記