緊縛用の縄は専門店で買う他にロープの問屋で購入して自分で作る方法もあります。
自作の場合、5-6mmのジュートロープを鍋で煮てタールを抜き柔らかくします。
この工程によりタールで締め付けられて細くなっていたロープは、締め付けが無くなった分かなり太く、そして短くなります。

長さ、太さを元に戻すためにロープで輪っかを作り鉄パイプなどにかけ、それに座って体重で縄を元の長さに戻す必要があります。
これをブランコって呼んだりします。

ロープは8mちょっと。二つ折りにして輪っかにして座るので2mちょっと。
体重を支えられて、その高さを確保できるものは家に無いので屋外での作業となります。

家の近くの公園にある鉄製の頑丈な藤棚が丁度いいのですが、住宅地にあるため回りの居住者の目、通行人の目がちょっと怖かったりします(笑)

2回ほどやったのですが、2回とも作業を始めるとすぐに年配の男性が様子を見に来ました。

さりげなく話しかけられたので「仕事」で使う「ロープ」のメンテナンスですとお伝えしました。

平日、昼間にそんなことをやってるんですから、不審者に見られても仕方ないかな?と思います。

ポームのトップページ

カップル・女性用性感マッサージご利用のお客様よりいただいたメッセージ:いただいたお言葉

女性用性感マッサージを通して感じたあれこれ:つぶやき

ポームの男性セラピストの雰囲気を掴むのに役立つかも:雑記