奥田さんの本は読んだことがなかったのですが、お客様から文庫本をいただき読んでみました。
図書館戦争以来久しぶりに続きが早く読みたくなる小説でした。

売れないフリーライター、風俗のスカウトなど複数の人物が登場し、一つ前の話の登場人物が次の話の主人公というリレー形式のオムニバス。
あ、さっきの話のあの人だ、となんか知り合いに会ったような感じがしました。

最後のどんでん返しにやられました。

カップル・女性専用オイル・性感マッサージ ポームのホームページへ戻る