有川浩さんの「図書館戦争」全6巻読了しました。
石田衣良さんの「ブルータワー」以来、とにかく続きが読みたくて読みたくて仕方のない本でした。今日も用事があるのに気がついたらこの時間です。

読み終えた充実感ともう続きは無いんだという寂しさがあります。

図書館戦争はV6岡田さん主演で映画化、またアニメ化もされているそうです。

公の機関による検閲が認められ書籍の没収が行われるようになり、図書を守るために図書館側が防衛組織を設立し対峙するお話です。冒頭いきなり戦闘シーンで始まり背景の説明が無いため「なんで図書館の職員が銃器を持って戦う?」と一瞬混乱。wikiのお世話になりました。

登場人物がそれぞれクセがあり会話が面白くテンポもよく、続きを読みたくなる本でした。

【性感】カップル専用オイル・性感マッサージ・女性専用オイル・性感マッサージ ポームのホームページへ戻る