映画や小説のエンディングで「後はご想像にお任せします」というの嫌いです。

先日読んだ小説なのですが、邪悪な者を召喚しようと考えた邪な心を持った人間を、聖なる者が成敗。
姿を現す邪悪な者に聖なる者が向かうという所で終わり、その勝敗は記されていませんでした。

読者の判断に委ねる、読者が好きなエンディングを想像できるというメリットはありますが、作者が逃げている、読者に押し付けていると思ってしまうのはじぶんだけでしょうか?

 

 

【性感】カップル専用オイル・性感マッサージ・女性専用オイル・性感マッサージ ポームのホームページへ戻る