1970年代中盤から角川がほぼ毎年映画を公開していました。

犬神家の一族
人間の証明
野性の証明
戦国自衛隊
野獣死すべし
セーラー服と機関銃
汚れた英雄
時をかける少女
Wの悲劇
里見八犬伝

懐かしいタイトルですね。
戦国自衛隊、時をかける少女、探偵物語、里見八犬伝は映画館で見ました。

7月末より全48タイトルを新宿の映画館で上映するそうで、ちょっと楽しみです。

ところで、上映作品の中に「レックス」は含まれるのでしょうか?
それも気になったりします。

ポームのトップページ

カップル・女性用性感マッサージご利用のお客様よりいただいたメッセージ:いただいたお言葉

女性用性感マッサージを通して感じたあれこれ:つぶやき

ポームの男性セラピストの雰囲気を掴むのに役立つかも:雑記