最近アロマテラピーを取り入れました。
オイル・アロマテラピーについて

以来サイトの改修、記事の投稿などPCを使う時にはいつもスプレーやティッシュに落として放置などでラベンダーの香りを楽しみながら作業をしています。

20年くらい前プログラマーをしていた時不眠になり解決策を模索している時にアロマ・香水と出会い、利用していましたがここ数年使っておらず思い出したという感じです。

香りは気持ちをリフレッシュ、リラックス、高揚させてくれます。お家ではアロマ、職場では仕事上使用が許されるならば香水を楽しむのはいかがでしょうか?

アロマ

女性の方は皆様ご存知かと思います。
花、果実、樹皮から抽出した香りのエキス(精油、エッセンシャルオイル)をスプレーしたり、お湯に溶かして揮発した香りを楽しんだり、オイルに混ぜて体に塗り成分を体内に取り込んだりします。

コストは一番人気のラベンダーでしたら5mlで600円くらい。一般的な小瓶は1滴0.05ml、一度に2滴0.1ml位しか使わないので40回以上使用できます。

ポットやデュフューザーを買わなくても丸めたティッシュに2,3滴垂らして置くだけでも十分です。

寝起きはグレープフルーツなど刺激的な香りで気分をシャキッとさせ、日中はローズなどの甘い香りを楽しみ、寝る時は鎮静作用のあるラベンダー。シーンに合わせて香りを変えて楽しむことができます。

スプレー

5mlのエタノールに精油を5~10滴入れて撹拌し、それを蒸留水45mlで希釈したものを市販のスプレーに入れ、よく振ってから使用します。最初は精油を少な目にして香りの強さを確認すると良いと思います。

アロマポット

目でも楽しめるのはアロマポット。小さなお皿にお湯と精油を入れ下からろうそくの火で温め香りを揮発させます。
香りとともに揺らぐろうそくの火を眺めていると非常にリラックスできます。

電気式アロマポット

ゆらゆら揺れるろうそくの火はリラクゼーション効果高いのですが、火事が心配という方には電気式のアロマポットをお勧めします。

デュフューザー

精油を染み込ませた不織布をセットし小さなファンで拡散させたり、小さな機械に水と精油を入れて加湿器のように電熱で温めたり、振動でミストを発生させ香りを拡散させます。
水を入れたまま放置すると細菌が繁殖し、その状態で使用すると香りとともに細菌も拡散させることになってしまいます。
使う時は必ず残った水は捨てて洗浄して新しい水に入れ替えてください。

アロマプレート

疲れきった時は水と精油をセットしたり、デュフューザーを洗ったりすら面倒になりアロマから遠ざかってしまいます。
そんな時でもアロマを楽しめるのがアロマプレートです。
小さな素焼きの陶器に精油をたらして置くだけです。ポット、デュフューザーに比べると拡散は緩やかですが作業中のテーブルの上、枕元など身近に置けば十分に香りを楽しむ事ができます。

アロマプレートの代わりに丸めたティッシュに2,3滴垂らして置くだけでも十分です。

香水

説明の必要は無いと思います。街を歩いていていい香りがすると相手の男女に関わらず思わず振り向いてしまいます。

耳たぶ、耳の裏、首筋、手首に付けると相手の鼻に近い位置で香るため、よほど少量でないと強すぎになってしまいます。
お勧めなのは膝の裏、足首です。普段は香らないけどふとした時に香りに気が付き、和ませてくれます。

朝はアクアデジオ、夕方はアトマイザーに入れたデューンプールオム、キセリュズルージュなどを気分に合わせて使っていました。

現在はお客様への移り香が心配なため香水は使用しておりません。

カップル・女性専用オイル・性感マッサージ ポームのホームページへ戻る