【性感】ポームは緊縛も体験できる東京発のカップル用性感マッサージ・女性用性感マッサージ風俗サービスです

緊縛オプション

緊縛写真のモデルさま募集

このページの緊縛写真を撮ったのは2年近く前の緊縛習い始めてすぐだったため、稚拙な縛り方でした。
首から下だけで顔は写さずにサイト掲載OKな緊縛写真を撮らせていただけるモデルさまを探しております。
緊縛やデジタル一眼レフでの撮影に興味をお持ちの女性の方、まずは一度お気軽にご連絡ください。

緊縛オプション(無料オプション)

映画「花と蛇」や動画などで緊縛シーンをみて「綺麗。自分も縛られてみたい」と感じた女性、 彼女さんが縛られるのを見たいと感じた男性いらっしゃるのではないでしょうか。
その一方、映画、動画などで緊縛は薄暗い部屋で行われることや暴力的なシーンを伴うことが多く、怖い、痛いというイメージをお持ちの方も多いのではないかと思います。
でも、そのようなことはありません。

緊縛は捕縛術を起源としています。 手錠が発達しなかった日本は罪人を捕らえたらで縛り身動きを封じていました。
市中引き回しをする場合は途中で罪人が死んでしまうことの無いように、 身分の高い者を縛るときには苦痛を与えないように縛り方に工夫が凝らされ日本独自の文化となりました。
痛くもなく、苦しくもなく縛ることも、苦痛を与えるように縛ることも出来る。それが緊縛なのです。

ポームの考える緊縛

SMのことを「サービスのS」「満足のM」と例える方、
SMプレイはMが場を支配する。なぜならMが拒否権を持つからとおっしゃる方がいらっしゃいます。

緊縛に対する考え方は人それぞれかと思いますが、 ポームの緊縛も縛られる側が主、縛る側が従と考えます。
先ほどの例えと同じく縛られる側がプレイを続行するかどうか決めることが出来るからです。

そして緊縛とは痛みを与えずに、女性を綺麗に飾り立てることも出来るものと考えております。 
ポームでは縛られる人が痛い思いをしないよう、安全、綺麗に、手早くの順に細心の注意を払います。

縛られた方のご感想も様々です。
「ふーん、こんなものなんだ」で終わってしまう方、
「うわー、綺麗!」と喜んでくださる方。
緊縛と相性の合う方は「次、どうなるんだろう」と性的な高揚を覚えたり、
縄に包み込まれるような、抱かれるような安心感がある」とおっしゃいます。
あなたも性的な高揚や包み込まれるような、抱かれるような安心感を感じることが出来るかもしれません。

緊縛に興味があってもなかなか緊縛を出来るパートナーに巡り会えることはありませんし、緊縛専門のサービスとなると敷居が高いかと思います。
オイル性感マッサージと同時に縄に飾り立てられた自分、パートナーさんをご覧になってはいかがでしょうか?

使用する縄

4本の縄の写真

ポームで緊縛に使用する縄

一番左の縄は綿で、残りは麻で出来ています。
綿の縄は一見手芸用の綿紐に見えますが、手芸用の紐は伸縮性が高いため締まりすぎる危険性があります。
伸縮性を抑えるために二重構造になった緊縛専用の綿縄をポームでは使用します。

麻縄は撚り(より)の強さが違うため太さ、柔らかさ、感触等の違いがあり、縛りによって使い分けます。

緊縛の進め方

縛られることに興味はあるものの、不安もあるかと思います。
特に単独女性の方は尚更かと思います。
まずガウンなどの上から縛るか、素肌で縛るかをお決めいただきます。
そして手首を縛り感触を確認していただきます。
大丈夫なら手を後ろに回して後頭後手に縛り様子を見ます。
後頭後手は縛る箇所が少ないにも関わらず、ある程度の拘束感を感じることが出来るからです。
その後、よろしければ亀甲縛り、後手胸縄縛りへ進みます。

縛りの種類

とても多くの縛りの種類がありますが、現在お楽しみいただける縛りは以下となっております。

後頭後手縛り

後頭後手縛り画像

後頭後手縛り

手首を縛って後ろに回し、腰回りで留めます。
とても簡単、単純な縛りですが脇が晒されることにより羞恥心が刺激されます。
また、たったこれだけなのに自由に動けないもどかしさからいつもと違った気持ちよさを感じる方も多いです。

亀甲縛り

亀甲縛り画像

亀甲縛り

男性で緊縛、SMと聞くと真っ先に想像する縛り方ではないでしょうか?
腕が自由に動くため束縛感がなく、胸が強調され見栄えの良い縛り方です。

後手胸縄縛り

後手胸縄縛り画像

後手胸縄縛り

後ろ手に縛った縄を元に胸元を縛っていきます。
拘束感があり「縛られている」という感じがする縛りです。
この縛りで縄に包み込まれるような、抱かれるような安心感を感じる方が結構いらっしゃいます

施術例

ギャラリーページも併せてご覧ください。

ブログ

緊縛関連

男性セラピストの東京発カップル・女性用性感マッサージポームのホームページへ戻る

お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP