10年以上前、趣味のサイトを作った時はテキストエディタでHTML, CSSをベタ書きしてFTPでサーバーにアップロードしていました。

ポームのサイトを作成した当初、さすがにベタ書きではなくHTMLテンプレートを利用してPC用、スマートフォン用それぞれ別のサイトを作成しましたが、「記事を投稿する時はPC用、スマートフォン用それぞれにHTML書かなければならないんだ」という事に気が付きました。
その時いろいろ調べて1つのソースでPC,スマートフォンどちらにも適した形で表示されるレスポンシブデザインというテクニックがあるのを知り、それを取り入れて一つにまとめようかとも思いましたが、記事を投稿するのにHTMLを書き、アップロードし、リンクを張り替える。そのような方法で運用するのは労力が掛かり過ぎると判断しました。

CakePHPを使ってシステムを書くか。ちょっと骨が折れるなと考えた時、ふとブログのフレームワークがあると何かの記事で読んだのを思い出しました。CMSです。

いくつかのメジャーなCMSを使ってみて一番しっくり来た某CMSをフレームワークとして採用。
レスポンシブデザイン対応のテンプレートを適用し、色などをカスタマイズ。
セキュリティ、ガベージコレクタなどのプラグインを追加、キャッシュプラグイン・CDNを利用して高速化しております。

CMSが無かったらホーム、各コースの詳細などの内容がほぼ変わらない静的ページのみで、
お知らせ、つぶやき、雑記など気軽に記事を追加できなかったと思います。

CMS開発に関わっているエンジニアの皆様。ありがとうございました。

女性用風俗、カップル用風俗 ポームのトップページ

お客様よりいただいたメッセージ:いただいたお言葉

セラピストが施術を通して感じたあれこれ:つぶやき

セラピストの雰囲気を掴むのに役立つかも:雑記